読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年 SFCを目指してみる。

はじめまして初心者です。2017年にSFCを目指して旅行してます。ANAマイルを貯める日々やcouchsurfingの出来事を赤裸々に公開してみます。

SFC修行第2回。2日目。沖縄からバンコクまでひたすら移動。移動。移動。

2017SFC修行第2回 海外旅行

 

chitinman.hatenadiary.jp

 

起きてパッキングしてチェックアウト。

ゆいレールで移動して那覇空港に到着。

 

チェックインして荷物を預けたら遅めの朝食。

 f:id:chitinman:20170316112613j:plain

空港3FのA&Wで食べました。

 

その後、今回はANAラウンジを使えないので保安検査前のカードラウンジに行きました。

f:id:chitinman:20170316112756j:plain

コーヒー飲んでyoutubeを見て時間潰し。

保安検査もあるので時間もほどほどに。

保安検査後のANAラウンジの便利さを思い知らされました。

 

f:id:chitinman:20170316152339j:plain

まずは成田に向かいます。

 

そして成田に到着。

ここからがボーナスタイム!

成田→バンコク間はプレミアムエコノミーなのでANAラウンジが使えるんです!

クアラルンプールに行ったときにも利用しましたが最高!

 そんな浮かれた気分で成田での保安検査、出国手続きを終えて目の前に見える案内に従いANAラウンジへ。

SFC持ってないけど入れるよね?と少しドキドキしながら受付で搭乗券を渡すと受付の女性が何かを見ながら確認しています。

そんなドキドキの中、「お客様のご利用便は・・・」

 

え?入れない?

 

「47番搭乗口ですので、そちらに近いところにもANAラウンジございますよ」

 

あーよかった。

 

f:id:chitinman:20170316152925j:plain

ひゃっはー。ひろーい!

こういうところは不慣れな庶民なのでドキドキワクワクでした。

 

f:id:chitinman:20170316153000j:plain

 

f:id:chitinman:20170316153022j:plain

食事もいろいろあるね!

このバンコク旅行が終わればSFC修行も終了のはずです。

夏の旅行のときにはきっと入れる権利を手に入れてるはずです。

そう思うとニヤニヤがとまりません。

周りの人たちはきっと会うことないから気持ち悪いと思われても結構です。

搭乗時間まで1時間半くらいありましたがまったりと過ごすことができました。

 

そしていざバンコクへ!

 

今回はANAの旅作で購入したプレミアムエコノミーです。

ビジネスクラスよりは劣るけど、座席も広くてプレミアムエコノミーで満足!

ここで眠ると夜眠れなくなりそうなので、リラックス体勢でララランドを見ました。

 個人的には音楽が好きでした。

 

そして23時ごろバンコク到着ー!

税関を抜けたのは23時半くらいでした。

まずはATMで現地のお金を引き出します。これマストです。

 

そのあとはSIMカードを購入すべく、お店の料金を見て回ります。

f:id:chitinman:20170317105910j:plain

だいたいどこも同じで3日間で1GB使えて200バーツ、7日間だと2.5GB使えて299バーツ。

 今回は7日間のプランを購入しました。

購入は今まで行った国どこでも同じような方法でした。

購入したいプランを伝えて、パスポートとSIMフリー端末を渡すだけ。

設定は店の人がやってくれると思います。私はその場でネットに繋がるか確認してます。繋がらなかったらアクティベートされてるか聞いています。

ちなみにSIMフリー端末を持っていないので、docomoipad proに購入したSIMカードを入れて使っています。docomoipadシリーズはSIMロック解除しなくても現地のSIMが使えるんです。

こうして現地のネット回線を手に入れたら、スマホとそのipadbluetoothでインターネット共有するとあら不思議。スマホもネットに繋がるではありませんか。

 

ここからが初めての経験。

バンコクのタクシーはぼったくりが怖いのでuberを利用してみました。

スマホで現在地と行き先を決めたら

 f:id:chitinman:20170317105951p:plain

車がこっちに来る!

深夜にも関わらずすぐに見つかりました。ちなみに料金は300バーツと表示してありました。

ナンバーがアプリ上に表示してあるので、目の前を通る車のナンバーをひたすら確認。

見つけたらすぐさまアピールしました。

乗り方も簡単。

表示していたアプリの画面を見せて「あなただよね?」と車が合っているか確認。「このホテルだよね?」と行き先を確認。

何も問題ありませんでした。この時までは。

 

さすがに初めての経験でドキドキしてたので、アプリに表示されているルートを通っているのか、乗車中ずっと確認してました。

 

すると途中で運転手さんがスピードを落として何か言ってます。

タイ語っぽくてまったく分かりませんが、確実に私に話しかけてます。

全く何を言ってるか理解できません。

 

「Do you speak English?」

「No」

 

現在の状況は高速道路を走行中。標識を見る限り高速道路と一般道の分かれ道に差し掛かるところ。

高速料金払いたくないから一般道を通りたいのかなー。

身振り手振りで、あなたの好きなように運転してくださいと伝えました。

こんなジェスチャーしたことないので通じたのか分かりませんが通常スピードに戻って運転再会。

 

もう少しでホテルに到着ってところで、なぜか一旦停止。

ホテルまでの細かい道を確認していました。

ここからは2人での共同作業です。

 

もう少し進んだとこじゃない?

ここを左だよね?

Google mapを頼りに左に曲がると

 

大きなホテル名のネオンが見えました。

運転手さん・私「いえーす!」

停車してハイタッチ。

 

こんなに達成感を味わったタクシー初めてでした。

ちなみに支払いは登録しているクレジットカード。その場で現金のやり取りは必要ありません。

降車後にメールで送られた領収書を見ると300バーツ。これはぼったくりの心配なさそうです。

 

泊まったホテルはコンビニエントパーク。ANAの旅作で一番安いプランで出てきたホテルです

 

f:id:chitinman:20170317110344j:plain 

いい感じ。

もう寝ます。おやすみなさい。。。