読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年 SFCを目指してみる。

はじめまして初心者です。2017年にSFCを目指して旅行してます。ANAマイルを貯める日々やcouchsurfingの出来事を赤裸々に公開してみます。

SFC修行第2回。3日目。Couchsurffingで出会ったタイ人とお土産探し。

 

 

chitinman.hatenadiary.jp

chitinman.hatenadiary.jp

 

自然と7時ごろ起床。

お腹空いてきたので朝食会場に向かいます。

ANAの旅作で1番安かったホテル「コンビニエントパークホテル」の朝食は思ったより良かったです。

ちょっとローカル的なビュッフェ形式でした。5つ星ホテルと比べるちゃダメです。

 f:id:chitinman:20170318001547j:plain

左のトーストは5分くらい焼いて諦めました。ぬるいトーストです。

コーヒーは激熱でした。

 

ダラダラとながーい朝食をとりながら今日のプランを考えていました。

Couchsurffingで連絡を取っているタイ人とは夕方くらいに会う予定。

それまでにやりたいことはワットポーに行ってタイ式マッサージをすること。

 

決まれば早速移動です。

ホテルの最寄駅はMRTのPunnawithi駅です。徒歩2分くらいで便利です。

そこからAsok駅まで41バーツで行って、Asok駅と直結しているBTSのSukhumvit駅からHua Lampong駅まで28バーツの旅。

 

この駅からワットポーまで4kmくらいです。MRTもBTSもありません。

タクシーかトゥクトゥク、バス、徒歩になります。

今回は時間もあるし徒歩を選択しました。

ワットポーまでの途中にチャイナタウンやインド人街があるので見るだけでも楽しそうに思えたんです。

 f:id:chitinman:20170318001642j:plain

こんな素敵な駅の写真を撮ったりしてたんですが、立ち止まってるといろんな勧誘がありました。

代表的なのはタクシーとトゥクトゥクの勧誘。

「どこ行くの?」「安いよ」

これに対する返答は

「No thank you.I love walking! I love exercise!」

素っ気ない人になりきりました。

 

次に多かったのはツアーの勧誘。

「どこ行くの?これ地図ね。お金いらないよ。」

最初は単純に地図を受け取っちゃいました。そうすると

「ワットポーに行くなら午後じゃなきゃダメだ。午前中は式典があるから14時以降しか入れない。あ、じゃあここに行ってオーダースーツを作って、そのあと水上マーケットに行けばちょうど良い時間になるよ。歩くのは大変だからトゥクトゥクに乗った方がいい。100バーツでいいよ!」

最初、ワットポーでイベントがあるから見た方がいいよ!って言ってると思ってました。話の途中でその間違いに気がつきました。

「ワットポーのチケット売り場の写真を撮りに来たから一緒に行こう!」

って言ったらどこかに消えました。

こんな感じの人に3回も声をかけられました。

2回目以降の人には「さっきも同じような話をしてきた人と会ったよ」って言ったらすぐにどこかへ消えました。

ガイドブックによく書いてある話だと思いますが、気をつけましょう!

 

そんなこともあり、2時間くらい散歩してワットポーに到着です。

 f:id:chitinman:20170318001744j:plain

黄金の涅槃像かっこいい!

ゆっくり見学して、ワットポーの敷地内ににあるワットポーマッサージスクールに行きました。

f:id:chitinman:20170318001840j:plain 

安い!

1時間のタイ式マッサージをお願いしました。

疲れきった身体をこれでもかと揉みほぐしてもらいました。

痛いからもうちょっと優しくしてって言っても、笑顔で痛いのは今だけって返してくるマッサージ師でした。

 

ボチボチタイ人の友人と会う時間も迫ってきたので、今度はトゥクトゥクで移動します。

f:id:chitinman:20170318002004j:plain

交渉するの面倒なので避けたかったのですが、メータータクシーが捕まらず。観光地のタクシーは強気なので嫌いです。

じゃあuberで!と検索すると180バーツ。

この情報をもとにトゥクトゥクに交渉すると

「オーケー!300バーツね!」

ということで面倒なやりとりの始まりです。

「100バーツ」

「ノー200バーツ」

100バーツでも出し過ぎな距離だと思いますが、向こうも強気です。

「100バーツ」

「オーケー150バーツ!カモン!」

数秒で半額です。が、こっちは引くつもりありません。

「100バーツじゃないならいい」

そう言って少しだけ離れたトゥクトゥクに交渉しようとすると

「オーケー100バーツ!オンリーユー!」

本当の料金はいくらだったんでしょうか。。。

 

タイ人の友人との待ち合わせにはマクドナルドを選びました。

昼食をとっていなかったのでついでに食べます。

 f:id:chitinman:20170318002052j:plain

f:id:chitinman:20170318002132j:plain

アンガスビーフバーガー!タイっぽくなくて残念。

 

そしてタイ人の友人とご対面。

仕事があるから、遅くまでは無理ということを事前に聞いていました。

それなのにすごいテンションでバンコクでこの観光名所は行った方がいい。これを美味しいから食べた方がいい。行くならこの店かな。

どんどん話が盛り上がってますが、まだマクドナルド内です。

お土産買ってないならスーパーマーケットに行こう!と言い出したので近くのスーパーマーケットに移動しました。この時点で外は真っ暗です。

 f:id:chitinman:20170318002547j:plain

日本人に合うと思うタイお土産について熱く語りながら一緒に物色しました。

私の欲しいものと友人のおすすめが一致して購入したものが

 

 f:id:chitinman:20170318002216j:plain

マダムヘンの石鹸。ノーマルタイプとウッドの香りです。ノーマルで30バーツくらい。ウッドは50バーツくらいでした。

 

 f:id:chitinman:20170318002253j:plain

ドイトンコーヒー。ドリップタイプ。150バーツくらい。

 

 f:id:chitinman:20170318002323j:plain

カレーペースト。20バーツくらい。

 

 f:id:chitinman:20170318002454j:plain

トムヤムスープペースト。20バーツくらい。

 

と、ここで友人が

「そろそろ仕事に戻るから夕食はこれを食べるといいよ!」

と弁当を渡してきました。

f:id:chitinman:20170318002701j:plain

え?夕食に行く雰囲気だと思ってたんだけど?

英語での意思疎通は難しいです。

 

短い時間でしたが楽しいひと時を過ごしました。

現地の人から得られる情報は本当に濃いです。これだからCouchsurffingを止めることはできません。

 

お別れ後はホテルに戻りました。

そして弁当が冷たいことに気がつきました。

ホテルのフロントで電子レンジを貸して欲しいと頼んだけど無いって。。。

じゃあどこで温められる?って聞くと、そこのコンビニに電子レンジがあったと思う。ということで歩いてコンビニへ。

弁当持参で電子レンジを使って、何も買わない客を無視する店員さんで助かりました。

 

さあ明日は土曜日。ウィークエンドマーケットに行こうと思います!

そして深夜便で帰国です!